コインエージェントで販売のコインパワーはbitFlyerLightning専用に開発された

高勝率を誇るビットコイン用自動売買ソフトです。

Coin Power

 

コインパワー

Bitcoin system trade softwar

CoinPower自動売買検証結果データ

2018年5月2日(水)PM14:11~2018年5月3日(木)AM4:16

​このデータはbitFlyerLightning内の取引履歴をエクセルにコピーし集計したものです。

サイト側では最新取引データが上部から表示されますので、取引開始データは最下部からになります。

前回の検証ではSFDが発生しなかったのですが、今回はSFDが発生していたのでそれを考慮して「利確値幅」を3,000円に変更して検証しました。集計データには必要証拠金と取引シミュレーションを追加しましたのでご自身のお取引きのご参考にしてください。

今回の「損切値幅」は50,000円に設定しているので簡単には損切しないのですが、「利確値幅」を3,000円にするとご覧のとおり1回の取引が長期戦になることが多くなりました。。。

​それでも、約14時間放ったらかしの戦いでしたが、まずまずの結果ですね!

コメント

上記データ検証時のbitFlyerLightning1分足のチャート表です。

(放ったらかしでのデータ検証時は見やすいように一目均衡表を非表示にしています。)

​このデータはbitFlyerLightning内の取引履歴をエクセルにコピーし集計したものです。

サイト側では最新取引データが上部から表示されますので、取引開始データは最下部からになります。

CoinPower自動売買検証結果データ

2018年6月4日(月)PM17:50~2018年6月11日(月)AM11:03

今回はビットコインのレートが100万円以上の速い値動きの時とは違って、ゆっくり動く値動きでビットフライヤー側のシステムもグレードアップされ、今のところSFDの発生もないことから利確値幅を「200」に設定し検証を行いました。

その結果、凄いスピードで利確をする場面が多く見受けられ利確回数を数えるのも大変なくらいでした。(笑)

やはり、新規注文を出すタイミングが素晴らしい開発者ロジックが内蔵されている『コインパワー』の実力ですね!

・・・その反面ビットコインも負けじとそれを振り切って逆方向に逃げることも屡々あって、6月6日からは実に約5日間も値戻りをじっと我慢する日々を過ごしましたのです。(涙)

​それでも、値戻りしてからのコインパワーは相変わらず利確を続けるのですが一先ず検証を終了させることにしたのでした。。。

今回の検証ではビットコインの値動きによってはコインパワーの利確値幅を200~300に設定すれば結構いける!ということがよく分かる結果でございました。。。是非お試しを!

コメント

上記データ検証時のbitFlyerLightning1分足のチャート表です。

2018年6月4日(月)12:00~2018年6月5日(火)18:00

(今回のデータは一目均衡表に対するビットコインの値動きをご参考にしてください。)

Copyright © 2018 JBS Inc. All rights reserved.